水野クリニック

禁煙外来

Non smoking outpatient

禁煙外来についてNon smoking outpatient

喫煙はニコチン依存で起こる病気です

  • タバコは体に悪いのもわかっていても、なかなかやめられないのはニコチンのもつ強い依存症が原因です
    ニコチン依存は病気であり、意志の力だけでは克服が難しいことがあります
  • 禁煙外来では、お薬によって身体依存をやわらげることができます
  • 喫煙歴を把握した上で治療の経過を見守り、禁煙中の症状(離脱症状)が起きても、ご相談により禁煙の継続をサポートします
タバコに含まれる有害物質
タバコの煙には、200種類以上の有害物質が含まれており、依存性の強いニコチンやタール、一酸化炭素のほかにも、50種類以上の発癌性物質が含まれており、肺癌などの癌を引き起こすほか、受動喫煙のリスクも高まります
タバコが関係している病気
COPD(慢性閉塞性肺疾患)、肺癌・咽頭癌・前立腺癌など、心筋梗塞や脳梗塞、骨折、認知症など、さまざまな病気にかかりやすくなります 

禁煙外来の保険適用を受ける条件

以下の条件を満たせば、健康保険等を使って禁煙治療を受けることができます

    禁煙外来の保険適用を受ける条件

  • ブリンクマン指数【1日に吸うタバコの本数】×【喫煙年数】が200以上
  • 直ちに禁煙しようと考えている
  • ニコチン依存症と診断されている
    (「禁煙治療に関する問診票」で、「はい」が5点以上)
  • 標準手順書による禁煙治療を受けることを文書により同意できること
  • 1年以内に禁煙外来に通ったことがない

過去に、禁煙治療を行った人で、再喫煙をしてしまっても、もう一度、挑戦できます。

以下の質問に答えていただき、5項目以上にあてはまれば、ニコチン依存症と診断されます

Q1 自分が吸うつもりよりも、ずっと多くタバコを吸ってしまうことがありましたか
Q2 禁煙や本数を減らそうと試みて、できなかったことがありましたか
Q3 禁煙したり本数を減らそうとしたときに、タバコがほしくてたまらなくなることがありましたか
Q4 禁煙したり本数を減らしたときに、次のどれかがありましたか
イライラ・眠気・神経質・胃のむかつき・落ち着かない・脈が遅い・集中しにくい・手のふるえ
ゆううつ・食欲または体重増加・頭痛
Q5 上の症状を消すために、またタバコを吸い始めることがありましたか
Q6 重い病気にかかったときに、タバコはよくないとわかっているのに吸うことがありましたか
Q7 タバコのために自分に健康問題が起きているとわかっていても、吸うことがありましたか
Q8 タバコのために自分に精神的問題が起きていると分かっていても、吸うことがありましたか
Q9 自分はタバコに依存していると感じることがありましたか
Q10 タバコが吸えないような仕事やつきあいを避けることが何度かありましたか

禁煙外来の流れ

    禁煙外来の流れ

  • チャンピックス(一般名バレニクリン)という禁煙補助薬を用いて禁煙治療を進めます(当院では院外処方で対応します)
  • これは今までのニコチンを含んだ薬を用いる方法と違い、新しい機序による日本で初めてのニコチンを含まない経口禁煙補助薬です
  • 初診12週間で5回の診察を受けることになります

健康保険を使った禁煙治療のスケジュール

ご予約について

    ご予約について

  • 電話予約もしくは外来にてご予約をお願いいたします
  • 予約時に以下の質問がありますのでご了承ください

    ① 名前・生年月日

    ② (1日に吸うタバコの本数)×(喫煙年数)

    ③ 1年以内の禁煙外来受診歴

    ④ 身長・体重(初回時に呼吸機能・レントゲン検査を行います)

    ⑤ 禁煙に対する意志

googlemapを開く