水野クリニック

もの忘れ

Memory loss

もの忘れMemory loss

物忘れには正常加齢によるものと病的認知症の初期段階があります ※「もの忘れ=認知症」ではありません

  • 記憶の流れ1

    一部を忘れる、ヒントで思い出せる
    生活に支障ない

  • 記憶の流れ2

    全体を忘れる、ヒントで思いだせない
    生活に支障をきたす

この様な症状がありましたらご相談ください

  • 日付がわからなくなる
  • 仕事や家事の間違いが多くなる
  • 薬をのむのを忘れる
  • 何度も同じことを言ったり、尋ねたりする
  • 外へ出て迷子になる
  • 今まで日課としていたことをしなくなる
  • 鍋をこがしたり、水道の閉め忘れが目立つようになる
  • 料理のレパートリーが減り同じ料理ばかり作るようになる
  • 以前より怒りっぽくなる
  • 財布を盗まれたといって騒ぐことがある
症状イメージ 症状イメージ

認知症の原因

  • 神経変性疾患
    • アルツハイマー病 (狭義の認知症)
    • レビー小体型認知症
    • パーキンソン病
    • 前頭側頭型認知症
    • 進行性核上性麻痺
    • 大脳皮質基底核変性症
    • 嗜銀顆粒性認知症
    • 神経原線維変化型老年期認知症
  • 血管性認知症
  • 正常圧水頭症
  • 脳腫瘍
  • 外傷:慢性硬膜下血腫
  • 甲状腺機能低下症
  • ビタミンB1・B12欠乏、アルコール依存症
  • 多発性硬化症、ベーチエット病
  • 感染:急性ウイルス性脳炎、神経梅毒、HIV感染症
  • 神経変性疾患
    • アルツハイマー病 (狭義の認知症)
    • レビー小体型認知症
    • パーキンソン病
    • 前頭側頭型認知症
    • 進行性核上性麻痺
    • 大脳皮質基底核変性症
    • 嗜銀顆粒性認知症
    • 神経原線維変化型老年期認知症
  • 血管性認知症
  • 正常圧水頭症
  • 脳腫瘍
  • 外傷:慢性硬膜下血腫
  • 甲状腺機能低下症
  • ビタミンB1・B12欠乏、アルコール依存症
  • 多発性硬化症、ベーチエット病
  • 感染:急性ウイルス性脳炎、神経梅毒、HIV感染症

診療の流れFlow

問診・診察

症状や病気の進行・困っていることをご本人・ご家族から伺います

▼ ▼ ▼ ▼ ▼

簡易認知機能検査

MMSE HDS-R MoCAーJ FAB検査

▼ ▼ ▼ ▼ ▼

血液検査

甲状腺機能低下症、ビタミン欠乏、電解質異常などないか調べます

画像検査

頭部MRI検査などで脳萎縮や異常がないか調べます

▼ ▼ ▼ ▼ ▼

薬剤治療

進行予防の可能性がある薬剤(内服or貼付剤)を使用します

福祉環境調整

運動リハビリや生活環境の調整、介護保険申請をします

問診
診察
症状や病気の進行・困っていることをご本人・ご家族から伺います
簡易認知
機能検査
MMSE HDS-R MoCAーJ FAB検査
血液
検査
甲状腺機能低下症、ビタミン欠乏、電解質異常などないか調べます
画像
検査
頭部MRI検査などで脳萎縮や異常がないか調べます
薬剤
治療
進行予防の可能性がある薬剤(内服or貼付剤)を使用します
福祉環境
調整
運動リハビリや生活環境の調整、介護保険申請をします

当院の認知症診療Dementia treatment

  • 国保旭中央病院の検査機器を共同利用させていただき、頭部MRI検査以外の精密検査も可能です
    (脳血流SPECT・心筋MIBG検査・DATーSCAN検査など) 正確な病型診断のために必要な時に行います
    ※当院で検査予約・結果説明を行います
  • 外来診療ではこまめに認知機能評価を行い、認知症薬による改善効果がないか評価します
    (記憶障害の改善は難しくても、遂行機能や見当識などが改善することがあります)
  • 運動や生活習慣病管理などは認知症進行予防に重要であり、総合的に診療します
  • 単に病気の治療するのでなく、生活・環境調整を行い、ご本人・ご家族の支援をします
    (介護保険申請などは積極的に取り組み、積極的なリハビリ介入・ご家族の介護負担軽減を図ります)

googlemapを開く